シェリーさんち

妊活から妊娠へ アラサー主婦のブログ

「隣の家族は青く見える」第5話!仕事をしながらの妊活は不安でいっぱい

f:id:family-blog:20181021123457j:plain

こんにちは。シェリーです。

「隣の家族は青く見える」第5話では、「妊活カップル」が「タイミング法」から「人工授精」へ妊活をステップアップしました。

 

人工授精と仕事

人工授精を行うためには、排卵日の1〜2日前に病院に行き治療を受けないといけません。そして、治療日は前日か2日前にならないと確定できないのだそうです。

精子も新しい方が良く、本当は二人で病院へ行き治療を受けるのが良いそうですが、毎回排卵日が都合よく休日に重なる訳もなく…。

男性は必ずしも付き添えないことが多いようです。女性も、突然仕事を休まないといけないことになります。

ドラマでも、「頻繁に休まれると困る…」と言われてしまっていましたね。それでも、奈々の場合「人気がある」ため他の人よりも優遇されています。う〜ん、これは差別では…?と少しだけひがんでみたり(笑)

男性が病院へ行くことができない場合

  1. 自宅で採取した精液を1時間以内に病院へ持っていく
  2. エアコンで冷えないように、電車や車に乗る場合はタオルに包む

大器は病院へ行くことができませんでしたが、上記を実践したところ問題なく人工授精の治療を受けることができました。

良い精子を作るために

ドラマでは、良い精子を作るために大器がふんどし姿になっていました。良い精子を作るためには、下記の条件が必須なのだそうです。

  1. 規則正しい生活
  2. 禁煙
  3. 酒は控えめに
  4. ブリーフよりもトランクス
  5. 長風呂、サウナは控える
  6. 自転車、バイクに乗りすぎない
  7. 膝上でノートパソコンを使わない

ドラマが始まった当初は妊活にそれほど協力的ではなかった大器も、知識をつけてかなり協力的になってきました。

大器の妹・琴音が帝王切開で出産

人工授精にステップアップし妊娠への期待を膨らませていた矢先、奈々はリセットしてしまいました。

一人で落ち込んでいたところ大器の妹・琴音から電話がかかってきました。琴音は、カラオケボックスで破水したのだそう。大器と大器の両親は不在で、駆けつけた奈々が出産に立ち会うことになりました。

まとめ 

第4話では大器の母親が奈々に不用意な発言をしてしまいましたが、第5話では事情を知ってとても反省していました。

大器の母親に悪気がなかったのも分かるし、奈々が妊活のことにも触れて欲しくなかった気持ちもわかります。それは、両者の立場を知ることができるドラマならではのことです。

現実では、自分の側から見たことしか知ることができません。きっと、「隣の芝生は青く」見えるように、誰もが人知れず悩みを抱えているんだと思います。

第6話はどうなるのでしょうか。楽しみです。

〜関連記事〜