シェリーさんち

妊活から妊娠へ アラサー主婦のブログ

「隣の家族は青く見える」第4話!不妊治療にまつわるお金のこと

f:id:family-blog:20181021123247j:plain

こんにちは。シェリーです。

「隣の家族は青く見える」第4話も楽しく拝見しました。第4話では、タイミング法では妊娠に至らなかった「妊活カップル」が医師から人工授精を提案されました。

また、妊活について家族との意見のすれ違いも描かれていました。

ドラマによると「人工授精」とは、あらかじめ採取した精子を人為的に子宮内へ注入する方法のことです。

不妊治療のステップは「①タイミンング療法」→「②人工授精」→「③生殖補助医療(体外受精・顕微授精)」の3つがあるので、ステップの順番としては2つ目になります。

不妊治療 ~基本から高度治療までの3つのステップ - Merck Biopharma Japan

 

不妊治療にまつわるお金のこと

かかるお金

  • 病院でのタイミング療法:1〜2万円(1周期)
  • 人工授精:2〜3万円(1回)
  • 体外受精:30〜60万円(1回)

タイミング療法までは保険が適用されますが、人工授精からは保険適用外になります。

人工授精までは、まだ支払える額かなと思いましたが、体外受精になるとグンと高額になりますね。体外受精は、場合によっては100万円以上かかることもあるのだそうです。

もらえるお金

f:id:family-blog:20180211103857p:plain

ドラマでは、不妊治療にはお金がかかると主人公・奈々が嘆いていました。しかし、一定の基準を満たしていれば、不妊治療を受けている夫婦は助成金の支給対象となります。

不妊治療の助成金制度は、国が定めている「特定治療支援制度」と、都道府県が実施する「助成制度」の2つがあります。

都道府県が実施する助成金は、住んでいる地域によって受けられる内容が異なりますが、特定治療支援制度は全国で同じです。

特定治療支援制度

対象となる治療

  • 生殖補助医療(体外受精・顕微授精)

対象者

  • 妊娠の見込みが極めて少ないと医師より診断された夫婦
  • 治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満
  • 夫婦合算の所得が730万円以下

もらえるお金

  • 1回の治療につき15万円
  • 初回のみ30万円

もらえる回数

  • 妻の年齢が40歳未満:6回まで
  • 妻の年齢が40歳以上:3回まで

不妊治療の中でも一番高額だった生殖補助医療(体外受精・顕微授精)は、上記の条件を満たせば国から助成金がもらえるのだそうです。

言い出しづらい「妊活」

第4話では、主人公・奈々が大器の母からは妊娠を望まれすぎて傷つき、実母からは人工授精について否定的な反応をされてしまいました。

私は妊活をしている本人ですが、自分の両親や義両親と会っている時に妊活の話題が喉まで出てきたことがありました。しかし、話題にしていいのか分からずに引っ込めました。

私は、大器の母のようなタイプなのかもしれません。将来もし自分がお姑さんの立場になったら、いくらお嫁さんが可愛いからって不用意な言動で傷つけないように気をつけようと思いました。

ちなみに、私もコウノトリキティ持ってます!「赤ちゃんが欲しい」という雑誌を買ったらついてきました。とても可愛くてお守りにしてます。

赤ちゃんが欲しい 2018冬 (主婦の友生活シリーズ)

赤ちゃんが欲しい 2018冬 (主婦の友生活シリーズ)

 
元祖☆コウノトリキティ根付2種セット こうのとりキティ

元祖☆コウノトリキティ根付2種セット こうのとりキティ

 

まとめ

当たり前ですが、ドラマは物語が進むのが早いです。大器の妹はもうすぐ出産です。

私たちは「妊活カップル」よりも長く結婚していますが、まだ独自でタイミング法を試している段階で、妊活のペースはドラマよりもかなり遅れています。

そう書くとなんだか落ち込みますが、あくまで自分たちのペースを大事にしながら妊活をしていけたら良いなと思っています。

第5話は、どんな話になるのでしょうか?楽しみです。

〜関連記事〜